<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
祝100回 written by 神田洋平
週末はトランペットに飯田さんを迎え、
SKA In The ROUND @ Bar「MOVE」にてライブしてきました。

なんとSKA In The ROUND(通称ダメダメナイト)は、この日で100回目だったんです。
ずっと前からこのブログで書いている気がしている「すきなもの」でさえ
まだ50回もいってないのを考えると、100回もイベントをやっているって本当にスゴイ!!
記念すべき日に呼んでいただき、とても光栄です。どうもありがとうございました。

そしてライブ見てくれた皆さん、どうもありがとうございました!
暖かいお客さんのおかげで僕らもとても楽しかったです。

それにしても、このMOVEというお店、どこかニューオリンズを思い起こさせる雰囲気を持つお店で
とてもテンション上がりました。今度はお客さんとして遊びにいこうっと。

f0010770_8155922.jpg

[PR]
by sweepaz | 2009-05-25 08:16
すきなもの 46 written by 神田洋平
先日、関西のニューオリンズブラスバンドBLITZ AND SQUASH BRASS BAND(http://basbb.com/index2.html)が3rdアルバム「ZONE BLITZ」を、
そして、同じく関西のニューオリンズブラスバンドGUMBO BRASS BAND(http://gumbobb.seesaa.net/)が1stミニアルバム「NICE TO MEET YOU!」をそれぞれ発売したそうです。
これは要チェックだね。


そして、Sweepazも今週末ライブがあります。
これも要チェック!


さて、今回のすきなもの。それは・・・

f0010770_045711.jpg


Snooks Eaglinの「Soul's Edge」です。
Snooks Eaglinはニューオリンズの盲目ギタリスト。

この人の演奏を直接聴いたことはありませんが、
CDだけでもそのスリリングな演奏にぶっ飛びます。

Snooks Eaglinは今年のジャズフェスの出演が決まっていたそうですが、
2009年2月18日、心臓発作によりこの世を去りました。享年73才。
しかし、演奏はいつまでも残ります。
[PR]
by sweepaz | 2009-05-18 00:07 | すきなもの
すきなもの 45 written by 神田洋平
今日も晴れてるなー。
こういうなんでもない日がとてもありがたいと感じる今日この頃です。

さて、今回のすきなもの。それは・・・

f0010770_0154794.jpg


High Steppers Brass Bandの「New Orleans Jazz-Greatest Hits」です。

このCDは、1990年代に活動していた当時の若手ブラスバンドが
トラディショナルジャズを中心に録音したもの。

このバンドとthe Looney Tunes Brass Bandというバンドが合体し、
2000年代のニューオリンズブラスバンドシーンを代表するバンド「Hot 8 Brass Band」が誕生しました。

このときの演奏はやはり今より未熟ですが、
このCDを聴くと、「どんなに素晴らしいミュージシャンでも、最初から凄かったわけではなく、
彼らも最初はボクと同じようなごく普通の人たちだったんだ」とか思ったり。
[PR]
by sweepaz | 2009-05-11 00:17 | すきなもの
すきなもの 44 written by 神田洋平
ゴールデンウィークですねー。
ボクはいつもどおりの生活を送っていますが、
ゴールデンウィークののんびりした感じが大好きです。


さて、今回のすきなもの。それは・・


https://www.munckmusic.com/wms/jazzfest/index.html


Hot 8 Brass Bandの「Jazz Fest Live 2006」です。
(CDジャケットの写真が見つからなかったため、
このライブ録音が購入できるサイトのURLを記載しました。)

これはニューオリンズで毎年ゴールデンウィークの時期に開催されるJazz Festivalで
2006年にHot 8が演奏したときの録音。

このときのスネアドラマーはDinerral Shaversという人なのですが、この人の演奏は本当に凄かった。

現Rebirth Brass bandのスネアドラマー、通称「ハイタワー」とはまた違う
ニューオリンズブラスバンドのスネアの可能性を模索し、そして、提示している人だったと思います。

2006年12月にある事件が起こり、彼はこの世を去りましたが、もしこの人が今も生き続けていたら、
ニューオリンズブラスバンドにおけるスネアの演奏は今よりももっと深みがあるものとなり、
ニューオリンズブラスバンド自体も今とはちょっとだけ違っていたものになっていたかもしれません。
[PR]
by sweepaz | 2009-05-04 00:19 | すきなもの