<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
すきなもの 神田洋平
今回の好きなものはこれ↓

f0010770_01036.jpg


Sly & The Family Stoneの「暴動」です。
Sly Stone率いるこのバンドは1970年代に登場したファンクバンド。

このアルバムでも聴けるように、彼らはロックとファンクという簡単に混じり合いそうで
絶対に混じり合わなそうな2つの音楽を見事にミックスしています。

ステージパフォーマンスも派手で、
観ているだけでテンションが上がります。

Sly Stoneはドラッグの影響もあり、
1980年代後半くらいからは目立った活動はしていなかったのですが、
近年復活し、今週末には来日もするとのこと。

トランペットすてちゃんとトロンボーン723くんは彼らのライブに行くと
はりきっていました。ボクも行きたかったな。
[PR]
by sweepaz | 2008-08-26 00:01 | すきなもの
すきなもの 神田洋平
今回の好きなものはこれ↓

f0010770_22341374.jpg


Cyril Nevilleの「New Orleans Cookin'」です。

全然喋ったことはないけれど、
僕はシリルという人が、人として好き。

ニューオリンズミュージックにレゲエの要素を加えてみたり、
音楽的ルーツを求め、アフリカに行ってみたり、
ニューオリンズジャズを保存する活動をしていたり、
とにかく熱い人という印象があります。

もちろん彼の歌も本当に素晴らしい。
歌だけでそのときの演奏を一段階高いステージに引き上げられる人です。
僕は聴いたことないけど、彼の叩くドラムもとても素晴らしいとか。

今回紹介したこのアルバムでは、往年の名曲「Tipitina's」や「Mellow Saxophone」をとてもファンキーにアレンジしていたりと、ニューオリンズの要素がたくさんつまった楽しいアルバムです。

今聴くと、ちょっと野暮ったいところがなきにしもあらずですが、
シリルネヴィルを知るには最適の一枚です。
[PR]
by sweepaz | 2008-08-18 00:40 | すきなもの
すきなもの 神田洋平
今回の好きなもの。それは・・

f0010770_2333753.jpg


Young Blood Brass Bandの「center.level.roar」です。
Young Bloodは、ニューヨークのニューオリンズブラスバンド。

正直なところ、彼らの他のアルバムは微妙な感じですが、
このアルバムでは、ニューオリンズブラスバンドのスタイルを上手く引き継ぎつつ、
彼ら独自の要素を加えており、ニューオリンズ現地とはまた一味違ったニューオリンズブラスバンドの新たな可能性の一つを提示しています。

ずっと聴いていると、白人のリズム感が見え隠れしますが、
新たなスタイルを提示するという姿勢はとても大事だし、
僕も(僕らも)やっていくべきなんじゃないかと思います。
[PR]
by sweepaz | 2008-08-11 23:04 | すきなもの
すきなもの 神田洋平
今日のすきなものはコレ↓

f0010770_12491972.jpg


Lil Rascals Brass Bandの「Buck It Like A Horse」です。
このCDの演奏でスネアをやっているのはハイタワーっていう人なんですが、セカンドラインでこの人を初めてみたときは衝撃でした。

今、ニューオリンズでは若手のブラスバンドがどんどん出てきており、それに伴って素晴らしいスネアドラマーがとてもたくさん出てきていますが、それは、ハイタワーが道しるべの役割をしたのが要因のひとつなんじゃないかと思っています。
[PR]
by sweepaz | 2008-08-04 07:43 | すきなもの