"Nuthin' But Da Shoes" #5 「ZOOM LEBRON VI」(Nike) written by アライ
全然水曜更新のペースじゃなくなってますが…
"Nuthin' But Da Shoes"は続きます。

先日、海外から自宅に届いた箱。
f0010770_18332266.jpg

SWEEPAZのバンドカード(名刺大)と比べるとその大きさが分かります。
開梱すると中には緩衝材に包まれた物体が。
f0010770_18344390.jpg

さらにあけてみると…
f0010770_18353842.jpg

ドーン!「ZOOM LEBRON VI」のGold Medal Packです。

ボックスの内側に書いてある英文を翻訳すると、
「任務完了!
2008年8月24日、レブロン・ジェームズ(背番号6)は、その他の米国代表メンバーと共に、118対107でスペインを破り、北京で金メダルを再び勝ち取った。
レブロンは決勝戦を14得点、6リバウンド、3アシストの成績で終え、同時に米代表チームは無敗を保った。
『金』を目撃せよ!」

上記が全てですが、
NBAを代表するプレーヤー、レブロン・ジェームズのシグニチャー第6弾の、
北京オリンピックでの金メダル獲得記念モデルです。

正直、自分はアメリカ国民でも何でもないので、「関係ないじゃん」って話ですが、
一バスケットボールファンとしては、こういった記念モデルは非常に魅力的。

このシューズの発売は、
ニューヨークはハーレムの「House Of Hoops」という一店舗限定、
生産数も114足のみという、超限定モデルなのでした。
(一部はアジアでも発売との噂も)
f0010770_1901728.jpg

(よく見ると、ヒール付近に「05/114」のシリアルナンバーが入ってます)

で、自分が言いたいのは、
「超レアなシューズ持っててすげぇだろ!」という自慢じゃなくて、
何でそこまで限定にする必要があるのか?という事。

日本ではそんなに需要ないかもしれませんが、
アメリカ人でバスケファンなら普通に欲しいでしょ。

なのに超限定でNYの一店舗のみでの発売って、消費者を馬鹿にしすぎでは?
なめるな!と言いたい。普通に買えるようにして下さい。
結局ネットオークションとかに流れて、高値で取引されるだけなんだから。
(ま、自分も物欲に負けて、そのルートで買ったんですけどね…)

記念モデルなら限定モノで希少価値を、というのも分からなくはないけど、
最近のNikeは、この辺りのニーズを煽りすぎだと思いますよ。喝!

欲しい人に、欲しいシューズがちゃんと供給される世界を切に望みます。
[PR]
by sweepaz | 2008-11-02 19:29 | Nuthin' But Da Shoes
<< すきなもの written b... すきなもの written b... >>