すきなもの 神田洋平
今回の好きなものはコレ↓

f0010770_1062159.jpg


ピーターバラカン著の「魂(ソウル)のゆくえ」です。
この本は、ソウルミュージックの側から見たアメリカ音楽の歴史を描きつつ、各時代の良盤を紹介しているソウルミュージックの入門書。この本は長い間絶版になっていましたが、最近、内容を結構大幅に改訂して再販されました。

ボクはピーターバラカンさんのブラックミュージックを深く愛しつつも、
色々な音楽を平等かつ的確に評価している(もしくは評価しようとしている)姿勢に好き。

音楽はお勉強じゃないけれど、ある程度、歴史を知り、各音楽のつながりを知ることは、音楽をより深く理解し、音楽をより深く感じることの手助けをしてくれるものだと思います。
[PR]
by sweepaz | 2008-07-21 10:06 | すきなもの
<< すきなもの 神田洋平 すきなもの 神田洋平 >>