"Nuthin' But Da Shoes" #9 「mi Samba」(adidas) written by アライ
こんばんは、SWEEPAZ BRASS BAND スニーカー担当のアライです。

『HUNTER×HUNTER』で有名な冨樫義博先生も真っ青の休載っぷりを発揮していた、
名物コーナー"Nuthin' But Da Shoes"が、このタイミングでまさかの復活。

今後はぼちぼち更新できるよう頑張ります。
(猛反省しております…)


さて、それではさっそく本題に。
今回の一足はこちら!
f0010770_2145111.jpg

adidasの「mi Samba」です。

adidasのクラシックなサッカートレーニングシューズとして有名な「Samba」ですが、
こちらは「mi Samba」という名前が示す通り「mi adidas」のモデル。

「mi adidas」(「マイアディダス」と読みます)というのは、
カラーリングや素材などのカスタマイズができる、シューズのセミオーダーサービスです。
「NIKEiD」なんかと一緒ですね。

アメリカなどではWebからオーダーができるようですが、
2010年5月現在、日本では渋谷と六本木の店頭のみでの受付になっています。
(そのうち日本でもWebオーダーもできるようになるとは思いますが…)

参考:mi adidas(英語サイト)

この「mi Samba」は、サッカーのナイジェリア代表をモチーフに作成。
とくに大きなヒネリもなく、国旗や国名を入れつつ、カラーリングもナイジェリアそのまんまです。
f0010770_2164582.jpg

何でナイジェリアかといえば、今を遡ること12年前、アライが高校2年生のとき、
1998年サッカーワールドカップ フランス大会のスペイン対ナイジェリアの試合に魅了され、
それがきっかけで世界のサッカーに興味を持つようになるくらい多大な影響を受けたから。

何気なくTVで観ていたこの試合は、
当時ヨーロッパ予選を無敗で勝ち上がった「無敵艦隊」ことスペインに対して、
1996年のアトランタオリンピックでの金メダルも記憶に新しいナイジェリアが挑むという構図。

序盤からスペインが押し気味の展開で、「こりゃスペインの勝ちかな」と思っていたら、
最終的になんと3-2でナイジェリアの勝利という結末。
オリセーのミドルシュートが決まった瞬間は、思わず「うおーーーっ!!!」と叫んでしまいました。


(懐かしい映像…ラウールが若い!)

当時のナイジェリア代表はオコチャ、ウェスト、ババンギダ、カヌなど個性的な選手も多く、
観ていて楽しいチームでしたね。

その後、2002年の日韓ワールドカップのときもカシマまでナイジェリアの試合を観に行くなど、
特にワールドカップの際は日本以外ではナイジェリアを応援してきましたが、
2006年ドイツ大会はアフリカ予選で姿を消し出場ならず…

しかし今年の南アフリカ大会では、アフリカ予選終盤で奇跡的な復活を遂げ見事出場決定!
本戦は厳しそうなグループ構成ですが、また素晴らしい試合をしてくれることを期待しています。


なんかナイジェリア代表メインの話になっちゃいましたが、
そんな想いを込めたシューズが作れる「mi adidas」、皆さんも自分だけの一足を楽しんでみては?

To Be Continued...
[PR]
by sweepaz | 2010-05-12 02:35 | Nuthin' But Da Shoes
<< 今日は 遂に発表!! written ... >>